鮮度が落ちやすい焙煎後のコーヒー豆の有効な保存方法

常に劣化するコーヒーのための有効な保存方法

普段からコーヒーを飲んでいるあなたは、コーヒーを正しく保存できていますか?コーヒーは劣化し続けるものなので、保存方法がいい加減だと劣化を加速させてしまいます。ここでは劣化を助長させない保存方法を紹介します。

この記事に書かれていること

・コーヒーが劣化する原因
・コーヒーの正しい保存方法
・購入したコーヒーは新鮮?

コーヒーが劣化する原因と胃もたれの関係

焙煎する前の生豆であれば1年程持ちますが、コーヒー豆は焙煎すると劣化が進みます。そのためコーヒーは「生鮮食品」に当てはまるのです。よく「コーヒーを飲むと胃がもたれる」という言葉をよく聞きますが、焙煎されてから長時間経過(劣化)したコーヒーを飲んだことで起こるものです。カフェインが入っているから胃に良くない、ということもよく言われることですが、必ずしも理由はそれだけではないということです。
コーヒーを劣化させる原因は4つあります。

空気に触れること

空気はコーヒーを酸化させる最大の原因です。特に挽いた後のコーヒーは豆の時よりも表面積が大きくなるため、空気にさらされるとすぐに香りが抜けてしまいます。

湿気を吸収すること

湿気が多くなる梅雨や夏の時期は、湿気を吸収しやすくなります。

室温

室温が高いとコーヒーの劣化を加速させます。ちなみに温度が10℃上がると賞味期限が2倍早まると言われています。

日光や蛍光灯

直射日光や蛍光灯の近くに置いていませんか?これらの光(紫外線)はコーヒー豆に含まれる脂質を酸化させるため、コーヒーのダメージとなります。

これら4つの劣化させる原因を防げる場所が冷凍庫です。

コーヒーの正しい保存方法

冷凍庫でコーヒーを保存しましょう。保存する時はコーヒーが湿気や臭いを吸収しないよう、ガラス瓶などの密閉できる容器に入れて保管してください。
また、出し入れすることで湿気を吸収する点が気になる方は、1回分に小分けしてジップロックを用いて保存すると良いでしょう。コーヒーを使う時に冷凍庫から取り出すと思いますが、この時コーヒーは常温に戻さなくて大丈夫です。なぜかと言うと、焙煎されたコーヒー豆の水分含有率は1%程で、冷凍庫に入れても固まらないからです。使用期限ですが、コーヒー豆で2ヶ月前後、挽いたものであれば4週間前後になります。冷凍していたとしても長期間の保管はおすすめできません。コーヒーは生鮮食品なので出来る限り早く消費するのが好ましいです。

購入したコーヒーは新鮮?

購入したコーヒーが古いと、どんなに保存方法を工夫してもそれ以上のおいしさを引き出すことは不可能で、残念ながら保存する意味もありません。例えば、焙煎された日が2~3週間以上前なら既に酸化し始めていると思ってください。スーパーなどで販売されているコーヒーは賞味期限を長く設定していますが、間違いなく酸化しています。そのため、コーヒー豆専門店など焙煎された日がわかる場所でコーヒーを買うのが大切です。
正しい保存をすることは大事ですが、コーヒーを飲む上で最も大事なのは新鮮なコーヒーを入手することです。
また、新鮮なコーヒーの見分け方として簡単にできる方法があります。それはコーヒーにお湯をかけることです。新鮮なコーヒーなら膨らみますが、時間が経過して古くなっているコーヒーは上手く膨らみません。おいしく飲みたいのであれば、既に挽かれたコーヒーではなく、挽かれる前のコーヒー豆を購入して、自宅で淹れるタイミングで挽いた方が味も香りも良いです。

まとめ

空気・湿気・室温・光はコーヒーの大敵です。これらの要素からコーヒーを守るために適した場所は冷凍庫になります。しっかり保存できていないと、湿気・臭いを吸収するためコーヒー本来の味を楽しめなくなります。今回ご紹介した保存方法を参考に、劣化を抑えるためにコーヒーを保存して、コーヒータイムをより良いものにしましょう。

The following two tabs change content below.
Time To Coffee

Time To Coffee

「コーヒーの時間を楽しむための、ちょっぴり手間暇サイト」 Time To Coffeeはコーヒーを愛する人がさらに楽しい時間を過ごすことができるよう、ちょっとした手間暇や予備知識をお伝えするサイトです。