チャレンジしてみたいトルココーヒーの煎れ方

チャレンジしてみたいトルココーヒーの煎れ方

トルココーヒーは、西アジア・北東アフリカなどの中近東で飲まれており、イブリックと呼ばれる長い柄の付いたひしゃく型の器具を用い、煮出して抽出します。いつもの淹れ方と異なるトルココーヒーを淹れてみませんか?ここではトルココーヒーにまつわるトルコ事情とコーヒーの淹れ方を説明します。

この記事に書かれていること

・トルココーヒーにまつわる話
・コーヒー占いの仕方
・トルココーヒーの淹れ方

トルココーヒーにまつわる話

トルココーヒーは、ターキッシュコーヒーとも呼ばれています。ちなみに、ギリシア人の間では「ギリシアコーヒー」、アラブ人の間では「カフワ・アラビーヤ」、アルメニア人の間では「アルメニア・コーヒー」とさまざまな呼ばれ方をされています。

料理が下手?

トルコで泡のないコーヒーを淹れることは、料理が下手だと判断されるといわれています。そのような判断を避けるためにも、トルコ人女性たちは新鮮な水を使ったり、コーヒー豆の煎り具合を気にかけたり、どうすれば泡立ちの良いコーヒーが淹れられるか、試行錯誤します。

お見合いで活躍

トルココーヒーはお見合いの場で利用されることがあります。男性とお見合いをした後、返答を聞くために再度訪問するのですが、その際コーヒーに砂糖が入って甘ければ気に入られたという意味が込められています。反対に塩が入れられたコーヒーは気が合わなかったという意味があるようです。

コーヒー占いの仕方

トルココーヒーは抽出方法が特殊なので、飲み干すと、粉が下に溜まります。この粉を利用したコーヒー占いがあります。

  1. 飲み終わったコーヒーカップのふちにソーサーをかぶせてひっくり返します。
  2. カップの底に指を乗せて願掛けします。
  3. カップが冷めたら、その器の底に広がった粉の流れ方を見ます。

あなたの運勢

  • 粉が全体に流れている:運気が良い方向にいき、周囲からの協力を得られるでしょう。
  • 粉が底に固まっている:他人との論争は避けて、ぐっと堪えましょう。
  • 粉が取っ手の方に流れている:ビッグチャンスの予感、直感を信じて良いかもしれません。
  • 粉が取っ手とは反対の方に流れている:健康管理をしっかりしましょう。
  • 粉が飲み口の方に流れている:直感はあまり当てにならないでしょう。焦らずゆっくり進んでください。

トルココーヒーの淹れ方

深煎りのコーヒー豆をトルコ式ミルなどで小麦粉のように細かく挽きます。1人分はコーヒー7gに水は70cc前後が目安となります。

  1. ジェズヴェ(小さな鍋で可)に細かく挽いたコーヒーの粉と水を入れます。甘くしたい方はここで一緒に砂糖を入れてください。
  2. 弱火にかけて、さじなどで混ぜながら温めます。コポコポと泡が立ってきたら、一度火からおろしましょう。さじで軽く混ぜてから、再度火にかけます。この工程を3回程繰り返して、コーヒーを煮出します。
  3. 最後に、煮出したコーヒーをカップに注ぎ、粉が沈むのを待ってから上澄みを飲みます。
  4. トルココーヒーの詳しい淹れ方はこちらから

自宅にトルコ式ミルがない場合、極細挽きができるミルで代用できます。
本場では好みでカルダモンを加えて風味を付けることがあります。カルダモンとはショウガ科の多年草のことで、最古のスパイスの一つです。ユーカリ油・レモン油などの香りが混合したような爽やかで品のある香りがします。カルダモンは「スパイスの女王」と呼ばれ、高貴な香りの象徴でもあります。

コーヒーに加えるだけでなく、カレー料理に用いられたり、にんにくを使った肉料理の匂い消しのために使われたりもします。
中近東ではガーワと呼ばれるコーヒーにこのスパイスの種子粉末を入れた「カルダモンコーヒー」を好んで飲みます。なぜ、カルダモンを入れるようになったかと言いますと、このスパイスがコーヒーに含まれるカフェインを除去すると考えられたからです。

まとめ

トルココーヒーは煮出して抽出するため、普段飲むコーヒーと異なる楽しみ方があります。飲み終わったらカップの底に溜まる粉で占いができる、ユーモアなこのコーヒーを家庭でも淹れてみてください。

The following two tabs change content below.
Time To Coffee

Time To Coffee

「コーヒーの時間を楽しむための、ちょっぴり手間暇サイト」 Time To Coffeeはコーヒーを愛する人がさらに楽しい時間を過ごすことができるよう、ちょっとした手間暇や予備知識をお伝えするサイトです。