アウトドア・キャンプで仲間に差をつけるためのコーヒー

アウトドア・キャンプで仲間に差をつけるためのコーヒー

いつもとは違う、木樹に囲まれた空気の綺麗な空間で飲む一杯は格別においしいです。キャンプをする時にコーヒーを持参し、振る舞うことができたら仲間に差を付けて自分の株を上げられるかもしれません。ここでは、野外でコーヒーを淹れる方法を説明します。

この記事に書かれていること

・キャンプ先でコーヒーを淹れるために必要なもの
・抽出器具の紹介
・コーヒーの抽出方法

キャンプ先でコーヒーを淹れるために必要なもの

珈琲豆

新鮮な豆を手に入れてください。スーパーで買うことはできますが、新鮮さで選ぶなら珈琲豆専門店で購入することをおすすめします。持って行く時は豆のままジップロックなど密閉できるものに入れるいいでしょう。

ミル

コーヒーをおいしく淹れるには、飲む直前に挽いたコーヒーを使うことが大切です。コンパクトで軽量型のミニタイプを選べば、かさばりません。4,000円前後のもので、珈琲豆を引く粗さも調節できるミルは使い勝手が良いです。

バーナー

バーナーは熱いコーヒーを作るために必要な道具の一つです。他の仲間がバーナーを用意しているかもしれません。事前に確認してから持って行くと良いでしょう。

ケトル

お湯を沸騰させる時に使います。アルミニウム素材のケトルは熱が伝わりやすく、お湯が沸かしやすいのでおすすめです。

カップ

シリコン素材のカップからチタン素材のカップまでさまざまなものが出ています。保温性があり、重たくないカップを選ぶのが良いでしょう。

抽出器具の紹介

パーコレーター

通常のポットと変わり無いような見た目をしていますが、中を見るとかごが入った構造になっています。蓋が透明で、コーヒーがどれだけ抽出されているか確認することが可能なので、あなた好みの濃さのコーヒーを作ることができます。パーコレーターは抽出する時の温度が高いため、強い味わいなるのが特徴です。コーヒーを抽出する時、フィルターが必要ないため余計なゴミが出ず、簡単な構造なので洗浄も楽に行なえます。ーコレーターを用いる場合、コーヒーとお湯の接触時間が長いため、浅煎りコーヒーを粗挽きにすると良いでしょう。

フレンチプレス

非常にシンプルな抽出器具で、コーヒーと熱湯を加えてフィルターを押して沈めるだけで使える、初心者におすすめの器具ですフレンチプレスは、「カフェプレス」などと呼ばれることもあります。他の抽出器具と比べると雑味が出やすくなりますが、これといったテクニックは必要ないので手軽に扱えます。フレンチプレスを用いる場合、中煎りから深煎りのコーヒーを使うのがおすすめです。

コーヒーバネット

荷物を最小限に抑えたい方はコーヒーバネットをおすすめします。この製品にペーパーフィルターなどをセットし、人数分のコーヒーを入れて沸騰した湯を注ぐだけで抽出できます。カップにコーヒーバネットをセットするので、使用するカップは丈夫なものを選ぶと安心できます。

コーヒーの抽出方法

パーコレーター

  1. コーヒーをセットするバスケットに、人数分のコーヒーを入れて中ぶたをかぶせます。
  2. ポットのお湯が沸騰したら、一旦火からおろし、コーヒーを入れたバスケットをセットします。
  3. 強火ではなく弱火で抽出してください。強火だと、過剰抽出によってコーヒーの持つ香りが飛び、クセのあるコーヒーになる可能性があります。

フレンチプレス

  1. ポットの中に人数分のコーヒーを入れた後、全体にコーヒーが浸る量のお湯を注ぎます。注ぎ終えたら、20秒置いて蒸らしてください。
  2. 残りのお湯を注ぎましょう。フィルターのつまみを引き上げたまま、蓋をかぶせ4分前後抽出します。
  3. 抽出されたのを確認したら、つまみを押し沈めてそれぞれのカップに注いでください。
  4. おいしいフレンチプレスの淹れ方の5つのポイントはこちらから

まとめ

大自然の中、気の合う仲間と話しながら飲むコーヒーはいつも飲むものとは一味も二味も異なるおいしさになります。コーヒー豆から器具まで必要になるので荷物は増えてしまいますが、仲間にコーヒーを淹れることは、差を付けること以上に大切なものが得られます。

The following two tabs change content below.
Time To Coffee

Time To Coffee

「コーヒーの時間を楽しむための、ちょっぴり手間暇サイト」 Time To Coffeeはコーヒーを愛する人がさらに楽しい時間を過ごすことができるよう、ちょっとした手間暇や予備知識をお伝えするサイトです。