コーヒーで優雅なひとときに過ごすためのカップ選び

優雅なひと時に浸るためのカップ選び

朝食時やちょっとした休憩時間にコーヒーを飲む人が居るのではないでしょうか?どんなコーヒーカップを使おうと味は一緒だと思われるかもしれませんが、そんなことはありません!コーヒーカップを選ぶことは大切で、コーヒーの味も変わってきます。今までコーヒーカップにこだわりの無かった人は、ぜひこのコラムを読んでみてください。

ここでは、カップがコーヒーに与える影響やカップの選び方を紹介します。

この記事に書かれていること

・コーヒーカップの種類
・コーヒーカップの選び方
・熱いコーヒーとぬるいコーヒー、お好みはどちら?

コーヒーカップの種類

コーヒーカップはティーカップと比べて口が小さいです。これは、コーヒーが冷めるのを防ぎ、香りが抜けてしまうのを抑えるためだと言われていますコーヒーカップには4種類に分けられます。

カフェオレ・ボウル

文字通り、カフェオレを飲む時に使うカップです。取っ手はなく全体的に丸みを帯びており、ティーカップのように口が広くなっています。

タンブラー

日本では保温機能を持つサーモマグなどを指すことが多いですが、コップと称される筒型で底が平たいタンブラーグラスを指します。

デミタス

通常カップの半分程の大きさで容量は60~70cc、主にエスプレッソを飲むために使われます。コーヒーと比べて量が少ないため、専用のカップが作られたとされています。ちなみに、フランス語でデミ(demi)は半分、タス(tasse)はカップを意味します。

マグカップ

馴染みのあるマグカップは大きめで取っ手が付いており、容量は一般的なコーヒーカップ(120~140cc)の2倍程。コーヒーを飲むだけでなく、優れた保温性を持っていることからスープなどを入れることもあります。

また、ビアマグなど本来「マグ」そのものがカップを意味し、日本ではマグカップと読んでいますが、これは日本ならではの呼び名になります。

コーヒーカップの選び方

コーヒーカップによく用いられる素材として陶器や磁器などが挙げられます。

陶器

保温性に優れ、磁器と比べて凹凸があるため、匂いが立ちにくいものの味はまろやかになります。

磁器

磁器はガラスに近い成分で、陶器と比べてなめらかな表面を持ち、コーヒーの味が均一に広がるため、より香りと風味を楽しむことができます磁器でコーヒーを飲むなら浅煎りが適しています。

これらの素材の他にホーローやステンレスなどもありますが、その中でもガラスはコーヒーの味に影響を与えない素材として、ヨーロッパでは好まれています。

熱いコーヒーとぬるいコーヒー、お好みはどちら?

熱々のコーヒーを好む人が居れば、ぬるいコーヒーを好む人も居ます。このように温度が異なります。
厚みのあるコーヒーカップは、保温性があり、逆に厚みが少ないものは温度が下がりやすいため、ぬるいコーヒーを好む人に適していると言えますこのようなことから、熱いコーヒーが好きな人は厚みのあるカップを、ぬるいコーヒーが好きな人は厚みの少ないカップを選ぶと良いでしょう。温かさをよりキープしたいのであれば、予めコーヒーカップを温めるのがおすすめです。

まとめ

口の広がり具合、カップの深さ、唇に当たるフチの厚みによってもコーヒーの印象は変化します。素材の特徴を活かしたカップ選びは熱いコーヒーを好んでいるか、ぬるいコーヒーを好んでいるかによって選び方が変わってきます。カップによって口の広がり具合が異なるため、冷めにくいものを選びたいのであれば口がすぼまっているものを選びましょう。
お気に入りのデザインのコーヒーカップはあなたの気持ちを落ち着かせてくれるものとなります。この機会にあなただけのコーヒーカップを選んでみてはいかがでしょうか?

The following two tabs change content below.
Time To Coffee

Time To Coffee

「コーヒーの時間を楽しむための、ちょっぴり手間暇サイト」 Time To Coffeeはコーヒーを愛する人がさらに楽しい時間を過ごすことができるよう、ちょっとした手間暇や予備知識をお伝えするサイトです。